レトロゲーム攻略日記

ファミコン・PCE・目がドライブなどのレトロゲームの攻略日記を書いています。

翼vs全日本

準決勝の相手は、松山が率いるふらのになります。

 

 

マネージャーの藤沢さんとは、ずっと付き合っているみたいですね。

キャプ翼の中でも、熱々のカップルです。

前作も今作も、ワンシーンだけの登場なのが勿体ないです。

 


松山は、三杉の次くらいのオフェンス能力に加えてディフェンダーとしての能力も兼ね備えている実力者です。
今作では、イーグルタックルや雪崩攻撃がないために地味な印象ですけど、攻撃に加えれば起点に守備では要として活躍できます。
雪崩攻撃は敵の能力と移動力が上がり、手がつけられなくなります。ある一定の距離になると松山自身もイーグルショットを撃ってくるので、そうなれば森崎で止めるのは不可能です。

松山が雪崩攻撃の合図を出すと、イレブン全員が攻めこんできてドリブル等の能力が上がってしまい脅威となります。
ボールを奪えたらチャンスとなりますので、松山にボールが渡る前に阻止しましょう!

 

 

救いなのは、守備はそこまで高くないので岬と新田のガッツがあるうちは必殺シュートで点を稼いでおきましょう。
来生や井沢でも点が取れるなら、相応のレベルだと思います。

 

 

結局は点の取り合いになりましたが、何とか試合を制しました。

でも、この後もレベル上げのために再戦を繰りかえします!

 

 

負けても潔い男ですよね〜。

この時、全日本集結の話がでます。

 

 

そして、問題なのは決勝の東邦学園でしょう。
日向と若島津を用する強敵ですね。

沢田と反町もいる、攻守にバランスのとれたチームです。

 

 

怖い顔して、気合十分です!

東邦戦だけは前作と同じでBGMも特別なので、カッコいいですよね〜。

 

 

「お・・・俺?」

岬も、日向だけには言葉使いが変わりますよね。

やっぱりライバル心があるのでしょうか。

ちなみに、中学編からの翼の君づけの基準は謎です。

 

 

新田がいるぶん、前作のような絶望感はないですが・・タイガーショットをバンバン撃ち込んでくるので、石崎の顔面ブロックかゴールポストに頼るしか手段がありません。(笑)
日向は、止めようとしても強引なドリブルで突破してくるので、反則する以外は止めるのは無理です。
キーパーの若島津には、岬のダイレクトシュートか新田の隼ボレーで攻めましょう。
敵わないようなら、諦めてレベルを上げるしかありません!
 

 


東邦をくだし、V2達成した南葛を労うアナウンサーのシーンの時、カーソルが点滅する瞬間があります。コントローラーの下を押しながらBボタンを押すと、突如としてマイティボンジャックが現れ大暴れするので必見です!

 

 

しばし、アナウンサーとのコントが繰り広げられます。

裏技なんですが、細かい演出ですね。

 

 

遊び心とサービスが素晴らしいゲームです。

 

 

激闘を称え、岬に労いの言葉をかける日向。

全日本ではチームメイトになるので、心強いです!

 

 

いよいよ全日本結成!と思いきや、再び翼がいるサンパウロのシーンに。

片桐兄妹にジャパンカップ出場の打診をされます!

 


ハンブルガーには、若林。
そして、全日本も参加が決まっています!

そんな夢の対決が実現するなんて!!

・・・ん?このメンバーで?

 


色んな意味で・・・イヤ、プロになるまでは日本に帰らないと誓った翼は戸惑いますが、仲間のテンションに煽られて、かつてのチームメイトと戦う事を決心します!

 

 

翼個人としては、早苗ちゃんのこともあるのでしょうが・・・。

 


 

勝手に盛り上がってくれてますけど、とんだ行軍になるとは容易に予想できます。(^−^;)

 

スポンサーサイト

ƒRƒƒ“ƒg

ƒRƒƒ“ƒg‚𓊍e‚·‚é

‚¨–¼‘O
email
URL
ƒRƒƒ“ƒg

ƒJƒŒƒ“ƒ_[

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ƒvƒƒtƒB[ƒ‹

ƒuƒƒO“àŒŸõ

Å‹ß‚Ì“Še

ƒA[ƒJƒCƒu

ƒJƒeƒSƒŠˆê——

ƒŠƒ“ƒN